Select Language

SONY α7SII インタビュー



    正常進化を果たしつつも、価格帯が大きく変わったα7Sシリーズのセカンドモデル『α7S II』。今回はブラッシュアップされた本体性能や機能面をSONYの担当者の方にお話を伺いました。


    まずはインタビューの前に価格の話から。α7Sの発売価格が20万円代だったのに対し、α7SIIは40万円オーバーという価格で 発売されました。このことに『センサーは同じなのになぜ高くなった?』と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。この価格の理由は何なのか、進化した変更点を読み取りマップカメラの 担当スタッフが大胆にも価格を乗せて考えてみました。

    進化した性能の一つ一つに価格を付けていくと、なんと基本価格よりプラス3万円分の価値があるという結果になりました。40万円以上というインパクトの大きい価格のα7SIIですが、実際のところは『価格以上に性能価値のあるカメラ』と言っていいでしょう。


    それではα7SIIの魅力についてインタビューを交えて迫っていきたいと思います。


    [マップカメラ]
    α7SIIが発売されましたが、その少し前に登場したα7RIIが非常に多機能でスペックも申し分ないカメラでした。近しい価格帯で販売をしているところから、α7RIIの万能性が際立つような印象もあるようです。そこでα7RII製品と比較した点や、α7SIIであるからこその圧倒的な魅力などを解説して頂きたいと思います。

    [福士氏]
    まずはじめに、重要なのはSONYはイメージセンサー、レンズ、画像処理エンジンを自社で生産している希少なメーカーのひとつとなっております。この垂直統合された技術力が、α7SⅡ、α7RⅡという特徴的な製品の開発につながっています。

    α7シリーズは数えるとα7SIIで6モデル目となりまして、シリーズ内での位置付けとしてはスタンダード(α7)、高解像(α7R)、高感度(α7S)が一世代目のモデルとなります。二世代目はそれらの基本的なコンセプトにさらなる付加価値を提供したラインナップであると考えています。

    例えばα7SIIは高感度に加え、手振れ補正や4K動画のカメラ内収録などを極めたモデル。先ほど対比に挙げて頂いたα7RIIについては、高解像・高感度・高速レスポンス・4K動画のカメラ内収録と全方位に特化したカメラであったと思います。ですが、今回新たに発売を開始させて頂いたα7SIIにつきましては現存するデジタル一眼の中とは一線を画すレベルで“高感度”という性能を突き詰めた存在となっております。

    一世代目のα7Sはどういうモデルかというと高感度・低ノイズ・暗所のAF・サイレントシャッターと、外部収録前提ではございますが業務用ビデオカメラ並みの4K、編集機能の高いS-Logといった機能に対応していましたが、、α7SIIで進化したポイントをお話ししていきます。


1/4

2/4

3/4

4/4

a7SII

PAGE TOP

カメラ 買取

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

当社が運営するWebサイトは、グローバルサイン社による厳しい発行基準審査を経ており暗号化通信をしておりますので、高度なセキュリティーで保護されています。


当社のWEB上の如何なる情報も無断転用を禁止します。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号