Select Language
HOT! Keyword

超低金利ショッピングクレジット 36回まで金利0%
1000円以上お買い上げで送料無料
USED RUSH 中古商品大幅値引き!
Map Camera Qualityの詳細はコチラアフターサービスの詳細はコチラ

  • PriceDown
  • おすすめ

SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 新品

交換値引き ¥10,000 対象商品

この商品の閲覧者数51,251

¥168,780(税込)
¥156,278(本体価格) ¥12,502(消費税)

  • Currency Converter
  • Exchange
  • fx
欲しいリストに追加

商品状況
在庫あり
個数を選ぶ
安心サービス

(この商品の安心サービス相当額:¥8,439)

分割払いだといくら? 【例】24回払いの場合 初回¥7,780- 以降 ¥7,000-×23回
詳しくは  分割シミュレーション  へ(別ウィンドウが開きます)

先取交換・下取交換をご希望の場合も、「カートに入れる」を押して次のカート画面にお進みください。

見積りSNS機能のご説明です

【スタッフからのコメント】

オールラウンダーの完成型、ココにあり!
デジタル一眼カメラ界の風雲児と言っても過言ではない「α7シリーズ」。その2世代目となる本機は正にオールラウンダー。
兄弟機である「α7RII」のような高画素は持ち合わせてはいません。また、「α7SII」のような怪物級の高感度耐性も持ち合わせていません。
しかし!多くのユーザーに愛されているこのα7II。その理由は全てにおいて「心地よい」ところに私はあると思います。
尖った特徴はないことが最大のメリットで、高画素過ぎない2430万画素。高感度もSシリーズほどではないが決して弱くはない。
撮影を楽しむには十二分な機能を兼ね備えています。
特に、2世代目の共通の特徴である、手振れ補正機能も相まってオールドレンズを楽しむ。コレクションのライカレンズを楽しむ。
と言ったユーザーが多くいらっしゃるようです。それもそうです。なんて言ってもフルサイズのミラーレス一眼ですから。
そのポイントも忘れてはいけませんでしたね。
当店マニュアルレンズを活かした撮影を楽しんでいるスタッフも多く、α7シリーズにはマウントアダプター!という認識が根づいています。
オールドレンズなどを楽しむのにも、フルサイズデビューにもピッタリなカメラです!



新品指定商品に下取交換なら15%UP

世界初※1 光学式5軸手ブレ補正機能をボディに内蔵した35mmフルサイズセンサー対応のレンズ交換式デジタル一眼カメラ

有効2430万画素35mmフルサイズExmor(エクスモア)CMOSセンサーをブレに合わせて動かす光学式5軸手ブレ補正機能を搭載し、
静止画撮影時にシャッター速度最高4.5段分※2 の補正を実現。
今まで三脚を使用しないと撮影が難しかったシーンにおいて、手持ちでもブレを抑えたよりシャープな静止画・動画撮影が可能です。
ボディ内に手ブレ補正機能を搭載することにより、マウントアダプター(別売)を用いて装着したAマウントレンズでも、手ブレ補正機能を活用することができます。
グリップは、大型のレンズ装着時でも安定したホールディングを実現する形状を追求し、ホールド感を高めました。さらにシャッターボタンをグリップ上に配置。
トップカバーやフロントカバー、内部フレームには軽量で剛性の高いマグネシウム合金を採用。ボディの堅牢性を高めると同時に軽量化も実現。
プロフェッショナルのハードな使用にも耐える堅牢なボディで高い信頼性を誇ります。

※1 35mmフルサイズセンサー搭載デジタル一眼カメラとして。ソニー調べ。(2014年11月20日広報発表時点)
※2 CIPA規格準拠。ピッチ/ヨー方向、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA装着時、長秒時ノイズリダクションオフ時。

※こちらはボディ単体の商品となりますのでレンズは別途お買い求めください。
※メディアは別売りとなりますので別途お買い求めください。


おすすめレンズ

おすすめライカレンズ"

マウントアダプター"

PhotoPreview

α7シリーズ×Mountadapter

今再びのCONTAX

OnePrice

  • 商品の在庫状況によっては、お届けまでにお時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。

SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 メイン

    サムネイル画像をクリックすると拡大します
  • SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 メイン
  • SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 1
  • SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 2
  • SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 3
  • SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 4
  • SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 5
  • SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 6
  • SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 7
  • SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 8
  • SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 9

商品情報

メーカー SONY (ソニー)
商品ID 4548736001657
標準価格 オープン価格
販売価格

返品・交換 返品・交換について

こちらもおすすめ!

前へ

次へ

製品仕様

■主な特徴
■主な仕様

PhotoPreview

α7シリーズ×Mountadapter

おすすめレンズ

おすすめライカレンズ"

マウントアダプター"

コミュレビ®(全33件)

SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 新品

レビューを書く

チルト液晶を存分に使い倒せるフルサイズ  新品  

不適切なレビューの報告

きよしさんのレビュー(2016/02/17 23:57 投稿)

悩みに悩んだ末に、マップカメラさんにてα7無印を下取りにして発売から半年後に購入しました。

α7を使っていた私が買い換えに際し悩んだ点は1点。
それは「差額だけの価値はあるのか?買い換えて後悔しないか?」です。
センサーはそのまま変わっていません。連写速度もそのまま。暗所でのAF性能もそのまま(テストに使用したレンズがα7の時より一段明るくなったためにスペック表的には-1EVとなっていますが)。AF性能自体は約30%高速化しているらしいけれど約30%って具体的にどれくらいだ・・・

いやはや、正直なところ明確に変わったのはグリップとシャッターボタン、ボディ内手ぶれ補正だけではないか・・・と・・・

結果的に現在はボディ内手ぶれ補正に価格だけの価値を見出していますが、買い替え当時決め手になったのは、SONYはMark2を出したらもう前の機種のファームアップはしないだろうなという根拠の無い予感でした^^;
この予感が現実のものにならないといいのですが・・・

さてさて、そんな風に煮え切らないまま何となく買い替えをしてしまったのですが、しかし実際手にしてみるとなかなか好感の持てるカメラだということに気が付きました。

指紋のつきにくいシボ塗装。握りやすいグリップ。
重さは少し増しましたが5分で慣れるくらいの差でした。

そして実用してみると初めてわかるのがボディ内手ぶれ補正のありがたさです。
例えばチルト液晶を使い地面スレスレにカメラを構えて撮影する際や腕を伸ばしてカメラを上に掲げて撮影する際など、どうしても体制が不安定になってしまうことがあります。
今までのα7では、そのようなシーンで単焦点やオールドレンズを使っているといつの間やら手ブレして解像感が落ちてしまった写真が出来てしまうことがありました。
気をつけてはいたのですが・・・
しかしα7M2に買い換えてからはそのような手ブレ写真は激減です。
単焦点で子どもや猫を撮る機会が多く、チルト液晶を覗きながらちょっと無茶な姿勢もする私にとって願ってもない機能といえます。
しっかりと持てるファインダーよりも比較的安定感のない体制になりがちなチルト液晶を多様する撮影スタイルには是非欲しい機能ですね。

また、AF性能の向上も使ってみると違いがわかるものでしたし、最近のアップデートでLA-EA3(LA-EA1)において位相差AFが使用可能になったことでAマウントレンズの資産をより効果的に使用できるようになり、使い勝手はますます向上。

今では最も信頼できるパートナーとなっています。

このレビューはGoodレビューですか? はい (3人の方がGood!と評価しています) はい

スナップが楽しい  新品  

不適切なレビューの報告

Dfαさんのレビュー(2016/02/12 17:07 投稿)

小さなボディーにフルサイズ手振れ補正、夜のスナップを難なくこなす。
GRを使わなくなってしまった。
マウントアダプターを使用してのレンズ遊びも楽しく、MFが使いやすい。
メインのDfの出番が減ってしまった。
「脇をしめオデコにカメラをしっかり押さえつけて」???
液晶見ながら片手での邪道感が楽しい。
小さいので威圧感無く人に近づける、液晶を見ながら寄れば更に警戒されづらい。
スナップ、ポートレート、テーブルフォト、レンズ遊びが楽しい。
小さいバッテリーなので持ちの悪さは当たり前。軽快さを重視した良い結果。
手にかかる重量をポケットやカバンに分散していると思えばいい。
フイルムやレンズ交換程の手間でもないし。
ポケットに予備バッテリー2個持ってお出かけが日課になりつつある。
軽装備なので一緒に歩く家族にも喜ばれている。
特に思春期の娘にとって、ごっついカメラをぶら下た親父は恥ずかしい存在だろう。

このレビューはGoodレビューですか? はい (4人の方がGood!と評価しています) はい

ファインダーについて  新品  

不適切なレビューの報告

MNさんのレビュー(2016/02/01 21:28 投稿)

フィルムカメラに比べて,ラティチュードの狭いデジタルカメラでは,露出補正を適切に行うことが必要ですが,ミラーレス機は露出補正をシャッターを切る前にファインダーで確認できるのでとても便利です。
 そこで,ミラーレス機の使い勝手に惚れ込んで,E-M1を買い,色合いに期待してX-T1を買い,フルサイズの写真のぼけにあこがれα7Ⅱを買ってしまいました。
 3台とも個性のあるよいカメラですが,EVFの比較をしたいと思います。
 室内で一番見やすいのはX-T1です。ファインダー倍率,縦位置にすると縦になる表示,被写界深度まで表示され,心をくすぐられます。ただし,室外の明るいところに出ると全くだめです。外部の明るさに対応してEVFが明るくならず,晴天下ではほとんど見えません。
 室外で一番見やすいのはE-M1です。真夏の炎天下でも,明るくくっきり見えます。外部の明るさに対応してEVFの明るさがしっかり対応してくれます。ただ,他の2台と比べると樽の底を覗く感じがあります。
 α7Ⅱは,室外での明るさへの対応は,X-T1よりはましと言ったところです。ファインダー倍率も大きく,広々と見えます。ところが,私のめがねと相性が悪いのか,α7Ⅱ(α7Sも)ではなぜかファインダーの上の表示と,下の表示に,同時に眼のピントを合わせることができません。
 店頭では,なかなか屋外で試すチャンスがありませんが,ご参考にしてください。 
 
 

このレビューはGoodレビューですか? はい (10人の方がGood!と評価しています) はい

初めてのSONY  中古  

不適切なレビューの報告

今日も晴れさんのレビュー(2016/01/28 08:53 投稿)

防湿庫で寝ていたズミルックス、、、そろそろヤバイ状態。
APS-Cではチョットと思っていたところ、α7の記事が目に入り、α7IIと見比べてα7IIを買いました。
6万円の違いでもα7IIにした理由は、マウントと全体的な質感、其れだけでした。
写真を撮るワクワク感が好きなので、このカメラでは画質や機能より趣味性を優先した感じです。

買ってみての感想は、持ってみて、小さ!、重さと雰囲気は良い感じ!!。何故だか、CONTAX を思い出しました。

ファインダーを覗き、チョット違う⁈。
まあ、ミラーレス機だから仕方ない。

機能は多過ぎて覚えるのも大変ですが、
カメラを構え、絞りを決めてピントを合わせ、ドキドキしながらシャッターを切る、其れだけの事なので色々な機能は置いておいて、写真を撮る事を楽しもうと思います。

このレビューはGoodレビューですか? はい (4人の方がGood!と評価しています) はい

α7Ⅱの手ぶれ補正の恩恵  中古  

不適切なレビューの報告

デジカメ大好きさんのレビュー(2016/01/19 19:34 投稿)

タムロンンズ広角ズームレンズは、いわゆる、「神レンズ」に近い小生の個人的な感想ですが、デジタル一眼歴、約10年、キヤノン、ニコン、ソニーフルサイズ用、最近は、ソニーα7から、α7Ⅱ使用中、デジタル特有の輪郭協調を抑えた画像(ソニーが主張している)が好きでソニー機の使用率が高い、タムロンレンズSP15-30/F2.8、ニコンの板の高評判と、デジカメinfo記事のキーワードより)サードパーティー製レンズLens Tipにて2015.3.18公開された高評価(ライバルをしのぐ光学性能)の記事、ガンレフのレンズテスト及び、DxOMarkのデーターでも上位にランクされている。半信半疑で購入したが、高性能な単焦点レンズに匹敵する、大変満足度が高い、 
サードパーティー製レンズのAF性能(特にシグマのズームレンズのAFは最近の大口径レンズでも、肝心のピントに不安がある。タムロンは、単焦点、ズームレンズとも今までAFの不具合はなかったが) に信頼がおけず、購入を迷ったが、結果良かった、15~30㍉全域で素晴らしい。隅々の画質も、少し絞ると高画質になる。ソニーα7Ⅱ型の手ぶれ補正も効果がある。もっと他の方にも大いにすすめたい。サードパーティー製レンズは、あまり取り上げられず、話題にならず、目立たない存在だが、少し大きく、重たいが、撮った画像をみれば、そのハンデイを軽く吹きとばす。単焦点レンズ4~5本、持ち歩くより、よほど値打ちがある。

このレビューはGoodレビューですか? はい (1人の方がGood!と評価しています) はい

適度な重さ:"重量"という選択方法  新品  

不適切なレビューの報告

手振れの星さんのレビュー(2015/12/21 14:06 投稿)

当方、SONY製カメラのみを使用しています。現在、α7S、RX100mk4、そしてこのα7Ⅱを追加購入させていただきました。購入後、まだあまり時間が経っていませんが、思うところを記載させていただきます。

■「α7Sとの使い分け」
当方、初めて使用したSONYのフルサイズαシリーズ機種はα7Sでした。フルサイズセンサーを搭載した450gを切るボディ、これだけでも驚きでしたが、そのセンサーから出てくる画・色味に、あっという間に魅了されました(レンズは、フォクトレンダー製のマウントアダプターを経由して、ツァイスのSonnar 1.5/50 ZMを装着しています)。カラー、モノクロを問わず、当方の「メインカメラ」として使用しています。
「メインカメラ」と記しましたが、一方で当方の主な被写体は2歳の子供です。MFオンリーでの使い方になっているα7Sでは(というよりも、当方の技量では)、"動き回る"子供を正確に捉えることはまず不可能でした。そこで、ファストハイブリットAFを搭載した当機種を購入、"動き回る"子供専用機として使用しています。

■「556g:軽量であればいい、というわけではない」
言わずもがな、軽量であることのメリットは少なくありません。当方が、子供連れで外出する際などにRX100mk4を持ち出すことが多いのは、まさに軽量さゆえです。
一方で、軽量よるデメリットも感じていました。スナップなどであれば、サッと取り出し、スッと撮れるRX100mk4は最適だと考えていますが、構図を意識し、作品的に写真を撮ろうとする場合には、"適度な"重量が技術的にも、精神的にも必要であると思うようになりました。
「技術的に」とは、しっかりと構えて撮影できることを指し、「精神的に」とは、写真を撮っているという実感から生まれるモチベーションを指します。特に、当方のような素人カメラマンにとっては、後者こそが大切です。
この点については、当方がこれまで使用してきたカメラのなかでは、Leica M8.2が「適度」だったと感じていました。上記とは矛盾しますが、α7Sも少し「軽すぎる」と感じています。今回、α7Ⅱを手にしてみての最初の感想は「重っ」。しかしそれは、α7Sに慣れてしまっていたからであり、Ⅱを弄るにつれ、「適度」であると感じるようになりました。興味があって調べてみたところ、Ⅱの重量は556gで、M8.2が545gでした!!まさか、SONYの開発者の皆さんがM8.2を意識しているとは思いませんが、当方にとっては思いも寄らない嬉しい偶然でした。
そんなこともあり、積極的に外に持ち出し、写真を撮ろうという気にさせてくれる機種となりました。

■その他
ボタン配置やグリップの変更などについては言い尽くされた感がありますので割愛させていただきますが、とにかくユーザーの意見を積極的に取り入れた、使いやすいカメラになったと感じています。特にシャッターボタンの位置の変更について言及されることが多いように思いますが、当方にとってα7Sのそれは、ネット上で言われるほど使いにくいものではありません。現に、LeicaM型なども同じような位置にシャッターボタンがあります。当方にとって、α7Sは静物専用カメラとなったため、特にシャッターボタンの位置というのは重要ではないということもあると思います。
しかし、α7Ⅱ(以降)のシャッターボタンの位置のほうが"ベター"であるのは間違いないかもしれません。特に、動き回る子供を追いかけるようなアクティブな撮影をする際などはその恩恵を感じます。

家族には、α7Sとα7Ⅱをして「同じようなカメラ」と言われています。しかし、当方のなかでは、前者は広いダイナミックレンジと高感度耐性を活かした「静物専用カメラ」、そして後者は、優秀なAFを活かしつつ、「アクティブにフルサイズ画質で撮影できるカメラ」と定義できる全く異なるカメラです。そうでありながら、レンズはもちろん、インターフェイスでも多くの点が共通しており(この点ではRX100mk4も同じです)、使い分けに困らないという点も、メーカーを統一して機材を集めるメリットに他なりません。

長文失礼いたしました。

このレビューはGoodレビューですか? はい (6人の方がGood!と評価しています) はい

フルサイズでぶら散歩  新品  

不適切なレビューの報告

arcさんのレビュー(2015/11/23 22:17 投稿)

オールドレンズをフルサイズで使用する為に購入。
重さは、他のミラーレスより重いですが一眼レフよりは軽く何より出っ張りが小さい為、通勤用のバックに入れても其れ程場所をとりません。
その為、どこに行くにもコンパクトに持ち運びでき、ぶら散歩にはもってこいです。
自慢のボディ内手振れ補正は、オールドレンズを楽しむには十二分に効果を発揮し、夜中の撮影も楽々です。
電子ビューファインダーも使いやすくピント合わせも楽々です。
また、マウントアダプターでEFレンズなど他社レンズも使用出来、ファームウェアver2.00からは位相差AFも可能になりました。

欠点としては、バッテリーが持たない事はミラーレスの宿命として、純正レンズが少なくその中にもコンパクトさを生かせるレンズが少ない事です。
又、電子ビューファインダーのセンサーが敏感すぎるのかウエストレベルでチルト撮影する時に反応してしまい、モニターが見れなくなってしまう事。(α7RⅡの様にカスタムボタンに優先設定を割り当てられば最高なんですが‥)
地味なところでは、メディアスロットが開きやすい事です。

このレビューはGoodレビューですか? はい (2人の方がGood!と評価しています) はい

ソニーからの一足早いクリスマスプレゼント!  新品  

不適切なレビューの報告

カメラパパマン3さんのレビュー(2015/11/18 14:17 投稿)

本日2015年11月18日にソニーからα7IIのファームウェア アップデートが発表されました。 バージョンは2.00になります。

主に何ができるようになったかというと・・・

1.非圧縮RAWでの撮影が可能になりました。
2.LA-EA3(LA-EA1)において位相差AFに対応しました。
3.動画(開始/停止)をカスタムボタンに設定できるようになりました。

とのことでα7RIIを羨ましく思っていた機能がα7IIで手に入れらるというボーナスをゲットしたような気持ちです。
実際にはまだ、アップデートはしていないのですが・・・。これによって、α7IIのコストパフォーマンスはかなり上昇したのではないでしょうか。

今回のアップデート情報を目にしてみて、なぜ自分はα7IIを選択したのかをレビューしてみようと思い立ちました。

■α7IIを選ぶまでの道のり
1.最初、選択肢にあったのはコスト面からα7、α7R、α7IIの3機種でした。

2.次にそれぞれの特徴を自分なりにまとめてみて、
・α7:フルサイズセンサーを10万以下で使えるコスト重視案
・α7R:高解像度かつローパスレスでハイクオリティな画質案
・α7II:手ぶれ補正、オートフォーカスの強化等、機能重視案
としてみました。

3.次はボディに合わせるレンズはどうなるのか?
・α7:ボディもローストなのでレンズもローコスト→ZではないFEレンズ群
・α7R:高画質に合わせFE・・・・Z
・α7II:メインの単焦点+ズームレンズ+オールドレンズ群
がそれぞれにふさわしいと勝手に決め付けて、

フランジバックの短さを生かした各マウントのオールドレンズを手ぶれ補正付きで使えるα7IIは、すごい魅力だな〜と思っていました。
そうこう悩んでいるとα7RIIというすごい機種が発表され、高性能かつAマウントレンズを像面位相差AFで使えるというではないですか。
85mm F1.4とかがEマウントでも使えるのかと。ただ、購入できる金額ではなく、もしかしたらα7IIにも!と淡い期待を寄せつつ、α7IIを選択するに至りました。

それぞれ、いい長所をもった機種達なので、撮影する人の目的や被写体に合わせて選ぶのがいいとは思いますが、本格的にソニーのカメラでいこうと決めようかなぁと思っている人は、最初、是非ともα7IIをお勧めします。

今は、実際に像面位相差AFが使えるようになってみると、欲しいレンズが増えてしまうという新しい悩みが発生してしまいました・・・・。
「マップカメラ」さん、アップデート後のα7II、Kasyapaでのレビューをお待ちしております。

このレビューはGoodレビューですか? はい (2人の方がGood!と評価しています) はい

D810から買い替えです  中古  

不適切なレビューの報告

小型カメラ好きさんのレビュー(2015/11/01 07:52 投稿)

不評だったグラグラマウントとシャッターショックが解消され、ついでにツルツルの表面加工も梨地に変わったのを機に(それとマップさんで綺麗な中古を見つけて)入手しました。
レンズはAFの力をみたいため、それほど評価も悪くない35mm 2.8を一緒に購入。
ボディの質感が高く安心感があります。一方、チルトは少しやわかな…。
ファインダーは単体で使うには良いですが、e-m1と併用すると、あちらの方が見やすいです。
暗いところでのAF精度も、e-m1の方が圧倒的に上でした。

センサーサイズが4倍も違うのに、e-m1とボディサイズがほとんど変わりません。同じボケ量を得るのに、マイクロフォーサーズだと二段分ほど明るいレンズを使わないとならないのでレンズが大型化するので、実はα7シリーズプラス単焦点レンズでは全体的に小型化できます。ちなみにボケ量で言えば、D35mm f2.8はM4/3の17mm f1.4くらいと同等です。

D810と比べると、シャッター音がモッサリしているとか、ローパスのせいで解像感が劣るとか、少し差はありますが、不満というわけではありません。なにより、軽いです。

手振れ補正は、そんなに効く感じはないです。三段くらいですよね〜。

不満は、SDカード室のフタが開きやすいこと、ソニーの頑固さですが、フォーマットで正方形が選べない、トリミングがボディ内でできないことです。

全体的には、α7シリーズ第二世代として、SやRの基礎ボディになっている無印α7IIですので、完成度は十分ですが、D810やe-m1などの他者フラッグシップよりは、やっぱりもう少し汎用機寄りなのかな、と思いました。

このレビューはGoodレビューですか? はい (3人の方がGood!と評価しています) はい

めぐりめぐってたどり着いた1台  新品  

不適切なレビューの報告

asshupapaさんのレビュー(2015/10/30 14:02 投稿)

20年前のツアイスレンズが忘れられず、
ずっと購入のタイミングを見ていました。
コンタックスの時代から、ものすごい進化を遂げて、
SONYさんが見事に実現してくれました。
ツアイスレンズで、最先端の技術を組み入れたカメラで撮影できる、
あとは、自分の技術を上げるだけ。
自分の気にいった色合いのレンズで、写真を撮る。
なんという贅沢でしょうか。
美しいものへの憧れ、
とうとう抑えきれずに、購入に至りました。
これからもずっとワクワクさせてください。
SONYさん、ありがとうございます。

このレビューはGoodレビューですか? はい (3人の方がGood!と評価しています) はい

33レビュー中

1-10レビューを表示

SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 を見ている人はこんな商品も見ています

GMT / KINGDOM NOTE / CROWN GEARS で話題の商品はこちら

前へ

次へ

PAGE TOP

カメラ 買取

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

当社が運営するWebサイトは、グローバルサイン社による厳しい発行基準審査を経ており暗号化通信をしておりますので、高度なセキュリティーで保護されています。

SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2通販のマップカメラ。デジタルカメラや交換レンズの中古・新品販売、買取・下取を行うカメラ通販ショップ(ECサイト)です。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号