Select Language
HOT! Keyword

超低金利ショッピングクレジット 36回まで金利0%
1000円以上お買い上げで送料無料
中古全品に買い替えなら買取見積額15%UP
Map Camera Qualityの詳細はコチラアフターサービスの詳細はコチラ

  • PriceDown
  • おすすめ

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ 新品

この商品の閲覧者数45,409

¥248,490(税込)
¥230,084(本体価格) ¥18,406(消費税)

  • Currency Converter
  • Exchange
  • fx
欲しいリストに追加

商品状況
在庫あり
個数を選ぶ
安心サービス

(この商品の安心サービス相当額:¥12,424)

分割払いだといくら? 【例】24回払いの場合 初回¥11,590- 以降 ¥10,300-×23回
詳しくは  分割シミュレーション  へ(別ウィンドウが開きます)

先取交換・下取交換をご希望の場合も、「カートに入れる」を押して次のカート画面にお進みください。

見積りSNS機能のご説明です

販売価格・商品コンディション

中古 ¥159,800(税込)~¥215,800(税込)

新品より最大¥88,690お得に!

美品 1点
良品 11点
並品 14点
難有品 2点
【スタッフからのコメント】
コストパフォーマンスNo.1!と私は思っています。
高画素センサーが生み出す解像力もさることながら、高感度にも強い!プロも御用達のカメラです。
このカメラの機能として持ち合わせている、「高輝度側・階調優先機能」はご存知でしょうか?
白トビしやすい被写体に抜群な効果をもたらします!フルサイズならではの大きなボケも相まってポートレートや作品撮りにはもってこいです。
だからこそ、プロにも認められているのでしょうね。
また、売り切りとしないのがCanonの良いところ。ファームウェアのバージョンアップでパワーアップ!
「開放F8」でのAFも可能になったことにより、F4の超望遠レンズに2倍のテレコンを使う事だってできるようになりました!
他の製品が発売されても見劣りしない本機をご堪能いただきたいです。




静止画・動画ともに本格的な作品作りに適した、卓越した描写力を誇るハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ。
一世代まえの機種からAFの精度や連写速度を高めるなど、撮影性能が大幅に向上したことに加え、作品作りのための表現力も進化しました。

※メディアは別売りとなりますので別途お買い求めください。
※こちらはボディ単体の商品となりますのでレンズは別途お買い求めください。


おすすめレンズ



Canon EOS 5D Mark3

視る刷る飾る"

OnePrice

  • 商品の在庫状況によっては、お届けまでにお時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ メイン

    サムネイル画像をクリックすると拡大します
  • Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ メイン
  • Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ 1
  • Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ 2
  • Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ 3
  • Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ 4
  • Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ 5
  • Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ 6
  • Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ 7
  • Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ 8
  • Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ 9

商品情報

メーカー Canon (キヤノン)
商品ID 4960999810089
標準価格 オープン価格
販売価格

返品・交換 返品・交換について

こちらもおすすめ!

前へ

次へ

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ の中古品

製品仕様

Canon EOS 5D MarkIII作例動画

レンズはVoigtlander APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL IIを使用。
■主な特徴
高解像感と高ISO感度を両立させた、新開発35mmフルサイズCMOSセンサー。
EOS 5D Mark IIIは、新開発した35mmフルサイズ約2230万画素CMOSセンサーを搭載(画面サイズは、約36.0×24.0mm)。低ノイズ読み出し回路の採用により、高ISO感度においても低ノイズ化を達成。優れた解像感、滑らかな階調を実現しています。また、8チャンネルでの高速信号読み出しにより、約2230万画素もの膨大なデータを高速処理。35mmフルサイズでありながら、最高約6コマ/秒の高速連続撮影を可能にしています。

高画素化と高感度を求め、ギャップレスマイクロレンズを採用。
新開発CMOSセンサーは、新フォトダイオード構造と、画素部のノイズを低減させる改良型の画素内トランジスタを採用。S/N比を向上し、高ISO感度を実現しました。また、35mmフルサイズでは困難だったマイクロレンズのギャップレス化も達成。全画素で集光効率を高めることで、常用ISO感度100~25600の広ISO感度を実現しています。その結果、低感度側でも、高感度側でも、広いダイナミックレンジを活かした階調豊かな画像を生み出しています。


高画質で描写できる、35mmフルサイズ。
35mmフィルムと同等の画面サイズのCMOSセンサー。フィルムカメラと同じ感覚で使えるのでレンズワークに違和感がありません。APS-Cサイズの約2.5倍の面積となるそのフォーマットの違いは、同じ焦点距離、同じ位置から撮影すると一目瞭然。広角レンズが持つ、ダイナミックなパースペクティブを強調した迫力ある描写や、フルサイズならではの大きなボケ味を活かした作品づくりも行えます。


常用ISO感度は100~25600。広い感度設定と低ノイズを実現。
低ノイズのCMOSセンサーと高度なノイズ処理を行う映像エンジンDIGIC 5+の連携により、常用ISO感度100~25600の広ISO感度を実現しました。
※ ISO感度は、すべて推奨露光指数です。
※ 動画撮影時の常用ISO感度は100~12800となります。

多彩な機能を充実させる高速処理能力。新開発・映像エンジンDIGIC 5+(プラス)。
DIGIC 4の約17倍の処理能力を備え、CMOSセンサーが捉えた約2230万画素もの大容量データを高速処理。最高約6コマ/秒の高速連続撮影を可能にする新開発の映像エンジンDIGIC 5+を搭載しました。高度なノイズ処理アルゴリズムの採用により、常用ISO感度の拡大にも大きく貢献。多重露出撮影機能やハイダイナミックレンジモード、レンズ色収差補正、さらには動画の新圧縮形式まで、多彩な新機能の搭載を実現しています。

階調をより美しく描き出す、14bit信号処理。
センサーから出力されたアナログ信号をデジタル変換する際に、14bit信号処理(16384階調)を採用。

高感度撮影や長秒時露光撮影に、2つのノイズ低減機能。
DIGIC 5+の搭載により、ノイズ低減機能がさらに進化。長秒時露光撮影時と高感度撮影時の2種のノイズ低減機能を設定しました。

白トビを抑え、滑らかな階調表現を。高輝度側・階調優先機能。
雪や白い服など白トビしやすい被写体の撮影に効果を発揮する高輝度側・階調優先機能。グレーからハイライトまで豊かな階調で描写。設定時はファインダーと表示パネルに、設定の有無を確認できる「D+」マークが表示されます。
※ 高輝度側・階調優先機能を「する」にすると、オートライティングオプティマイザは自動的に「しない」に設定されます。また、ISO感度の設定範囲は200~25600となります。


3種のRAWと8種のJPEG。記録画質は用途に合わせて選べる全35種。
全35種もの記録画質を設定。高速連続撮影時の連続撮影可能枚数は、記録画質ラージ/ファイン約65枚(UDMA CF:カードフルまで撮影可能)、RAW:約13枚(UDMA CF:約18枚)です。

高画素と高速を連立。最高約6コマ/秒の高速連続撮影。
新映像エンジンDIGIC 5+、CMOSセンサー、高速シャッター、高性能2モーターシステム、AFシステムが高度に連携。フルサイズCMOSセンサーが捉える約2230万画素の大容量データを高速処理。全記録画質で、高速連続撮影を可能にしています。

レリーズタイムラグ約0.059秒の優れたレスポンス性。
捉えた瞬間にシャッターを切りたい、被写体の一瞬の表情や、すばやい動き出しに。EOS 5D Mark IIIのミラーバウンド抑制機構は、35mmフルサイズ機の大型ミラーの駆動を高速化、安定化することで、レリーズタイムラグ約0.059秒を実現しました。AIサーボAFの高精度化や、安定したファインダー像にも寄与します。

「静音連続撮影」「静音1枚撮影」を新設定。
ミラーの低速駆動により、音の出せないシーンでも静音で撮影できます。低振動化も実現し、カメラブレも抑制。ライブビュー撮影時には、電子先幕によりさらに効果的です。
※ カスタム機能で設定できます。
※ 連続撮影時は、最高約3コマ/秒です。

被写体の捕捉力、構図の自由度を高めた新開発61点高密度レティクルAF。
開放F4レンズで、最大41点のクロス測距が可能な61点高密度レティクルAF。F5.6レンズでのクロス測距に対応。全点2ラインの千鳥配列とし、コントラストの低い被写体の検知能力も大幅に向上。測距輝度範囲の低輝度限界もEV-2まで拡大し暗いシーンでの撮影も可能です。


安定性と対応性を向上させたAIサーボAF III。
測距誤差を少なくし、予測AF制御を向上させる高精度・安定制御のアルゴリズムを採用したAIサーボAF IIIを搭載。「被写体追従特性」「速度変化への追従性」「測距点乗り移り特性」をパラメーターで調整でき、被写体の動きや状況に幅広く対応します。また、「急に現れた被写体に素早くピントを合わせたいとき」など、撮影シーンを選択するだけで予測AF制御の設定を簡単にできる、AFカスタム設定ガイド機能も搭載しています。

微妙な光、色のニュアンスまで正確に再現。先進の測光システム「iFCL測光」。
露出の精度を高めるiFCL*測光システムを採用。測色機能を備えた縦2層構造の63分割デュアルレイヤー測光センサーが、逆光やさまざまな光源下でも安定した露出設定を実現。さらに測色機能による微妙な露出のバラつきも解消。AF情報を評価測光に反映し、露出の安定を図ります。さらに、測距機能による微妙な露出のバラつきも解消。また、AF情報に対応した評価測光アルゴリズムを搭載。主被写体に重点を置いた安定した露出が得られます。
※intelligent Focus Color Luminance測光

表現の幅を広げる、±5段の露出補正。
露出補正の幅が広がることで、手軽にハイキー/ローキー撮影が可能に。AEBコマ数が2/3/5/7枚から選択できます。

多重露出撮影機能多彩な表現意図に応える、デジタル一眼レフならではの本格的な多重露出撮影機能。
EOS 5D Mark IIIの多重露出機能は、重ね合わせる枚数を2~9枚から選択可能。撮影モードは、「機能・操作優先」「連続撮影優先」の2つから選ぶことができます。

4種類の多重露出方式

[加算]
フィルムカメラと同様、設定した露光量がそのまま加算されます。AEでの撮影時は、標準露出の画像が重なり、露出オーバーになってしまうので多重露出枚数に応じてあらかじめ露出をマイナス補正する必要があります。



スポーツなどの撮影に適した連続撮影優先モード
速い動きを高速連続撮影し、その軌跡を1枚で表現できます。連続撮影速度が低下しないので、スポーツや動物などの撮影で効果的です。
※「連続撮影優先モード」では、撮影途中の「メニュー画面の表示」「ライブビュー表示」「撮影直後の画像確認」「画像再生」「撮影のやり直し」「全画像の保存」はできません。

3枚の画像を合成して生まれる多彩な表現。ハイダイナミックレンジモード。
暗部、明部を豊かな階調で描写するハイダイナミックレンジモード。露出アンダー/標準/オーバーの3画像を撮影・合成し、白トビや黒ツブレを緩和した広ダイナミックレンジの画像や、絵画のような画像を生成できます。



作画の専用ボタン、クリエイティブフォトボタンを新設。
ピクチャースタイルをはじめ、多重露出撮影、ハイダイナミックレンジモードなどの新機能をボタンひとつで呼び出し可能。再生時は、2画面比較再生機能を表示します。

作品づくりを支えるライブビュー撮影機能が進化。
風景撮影やスタジオ撮影など、三脚を使用した撮影で、ピント合わせや構図決定が快適なライブビュー撮影機能。操作性の向上や、新機能の搭載が、作品のクオリティーを高めます。

「ライブビュー撮影/動画撮影」をスピーディーに切り替える専用スイッチを新設。
思いのままに作品づくりに集中するために実現した、高い操作性。EOS 5D Mark IIIは、ライブビュー撮影/動画撮影の切り替えスイッチを新設。

黄金分割比で構図づくりをアシスト。
ライブビュー撮影時、黄金分割比の構図決めに便利な[9分割+対角]のグリッド表示を実現。

画像の縦横比を4種から選択、マルチアスペクト機能。
ライブビュー撮影時に、縦横比が選べるマルチアスペクト機能を搭載。

撮影前に仕上がりイメージを確認できるファイナルイメージシミュレーション。
ライブビュー撮影や動画撮影をする際に、リアルタイムで撮影結果のシミュレーションが行えます。

AFモードは、顔優先モードを加えた3種類。
ライブモード

AF中もライブビュー映像が途切れない、ハイ/ローアングルでの撮影に最適なモード。
顔優先ライブモード
ポートレート撮影では人物の顔を認識し、優先的にピントを合わせるフェイスキャッチテクノロジーを活かしたモード。
クイックモード
ライブビュー撮影を一時中断して通常撮影と同様にAF。合焦後、ライブビューに戻ります。
厳密なピント合わせができるマニュアルフォーカス。
マクロ撮影など、シビアなピント合わせが必要なときに威力を発揮。マルチコントローラーを使用し、フォーカスフレームをピントを合わせたい位置に合わせ5倍、10倍の拡大表示が可能です。

オート制御機能撮影状況を見分けるEOSシーン解析システムが、シーンに合わせた画づくりを実現。
人の顔や被写体の色、明るさ、動き、コントラスト、距離などの情報をもとに、カメラが自動的に撮影シーンの状態を解析するEOSシーン解析システムを搭載。「オートライティングオプティマイザ」、「オートホワイトバランス」、「ピクチャースタイルオート」などの精度向上に貢献しています。

「シーンインテリジェントオート」を新設。多彩な撮影スタイルに対応する全6種の撮影モード。
撮影シーンに最適な画づくりを自動設定する「シーンインテリジェントオート」を新設。「露出」や「ピント」などを適切に制御。人物の肌はより自然な肌色に、自然の風景はより鮮やかに仕上げます。撮影モードは他に、「P」、「Tv」、「Av」、「M」、「B」の全6種の設定です。
※P:プログラムAE、Tv:シャッター優先AE、Av:絞り優先AE、M:マニュアル露出、B:バルブ

上限、下限の設定も可能なISOオート。
明るさの変化を感じて自動的に対応するISOオートに、自動制御範囲の上限と下限の設定を追加。あらかじめシャッター速度(1/250~1秒)を設定することで、設定値よりもシャッター速度が遅くならないようにISO感度を自動制御する「ISOオート低速限界」の設定も可能になりました。

明るさ、コントラストを自動補正。オートライティングオプティマイザ機能。
撮影した被写体の明るさ・コントラストを解析し、暗く写った場合、適切に補正するオートライティングオプティマイザ機能。EOS 5D Mark IIIでは、新たに夕景シーンと高彩度シーンでの調整が可能になりました。それぞれのシーンで撮影結果に合わせて高度に補正。
※シーンインテリジェントオートでは「標準」に設定されます。
※マニュアル露出時は自動OFFが可能になります。

補正効果が発揮される6つのシーン。


撮影の狙いに応える、高精度ホワイトバランス(WB)。
光源に左右されず、自然な「白」を再現するWB機能を搭載。オートWBに設定しておくとさまざまな光源に自動的に対応。

ピクチャースタイルに「オート」を新設。
EOSシーン解析システムからの情報をもとに、シーンに合わせてきめ細かく色調を制御する新しいピクチャースタイル「オート」。

撮影時に周辺光量補正を行うレンズ光学補正機能に色収差補正を追加。
レンズ周辺光量補正に加えて、色のにじみなどを補正する色収差補正を新たに設定。

フレーミングをさらに快適に。視野率約100%、高倍率の新ファインダー。
大型ペンタプリズムと4枚構成の接眼光学系の搭載による、視野率約100%、倍率約0.71倍(視野角34.1°)、アイポイント約21mm。隅々まで明るく見やすいファインダー視野を実現しました。透過型液晶で、AF情報やグリッドの表示が可能なインテリジェントビューファインダーです。


水平・前後の傾きを検知。デュアルアクシス電子水準器。
風景や建物などの撮影に役立つ水準器機能を、液晶モニターとファインダーの両方に搭載しました。


見やすさ、使いやすさを徹底的に追求したワイド3.2型 約104万ドットクリアビュー液晶II。
外光の下でも見やすい、高精細クリアビュー液晶IIを搭載。保護カバーと液晶パネルの間の隙間(空気層)に光学弾性体を挟み込むソリッド構造を採用し、モニター内部の外光反射を減少、優れた視認性を確保しています。

2画面比較再生機能を搭載。
画像の再生中に、クリエイティブフォトボタンを押すと、2つの画像を同時に表示。それぞれ拡大・縮小できるので、ピントやノイズ感のチェックに有効です。画像の切り替えや消去、レーティング、プロテクトなどの操作もスムーズ。同じ被写体を違う設定で撮影した場合、その場で比較することも可能です。

RAW画像のカメラ内現像処理が可能に。
RAWで撮影した画像をカメラ内で現像し、JPEG画像として新規保存することが可能。現像時には、明るさやホワイトバランス、レンズの周辺光量補正、歪曲補正、色収差補正などの調整が可能です。
※M-RAW、S-RAWでは、現像できません。

撮影したJPEG画像を、カメラ内でリサイズ。
大きな記録画質で撮影したJPEG画像を、カメラ内での記録画素数の変更が可能に。処理画像は、別画像として保存されます。
※ S3で撮影した画像はリサイズできません。
※ アスペクト比の変更はできません。

現場で写真をセレクトできるレーティング機能。
撮影した写真にレーティング(お気に入り)マークを付加できます。マークした画像は、画像送り(ジャンプ表示)とスライドショーでレーティングごとに再生できます。

多彩な設定を直感的に操作。クイック設定専用ボタン。
使用頻度の高いマルチコントローラーの近くに、クイック設定専用ボタンを設けました。設定変更もスピーディーです。

撮影者の手になじむ、新開発のグリップ形状。
撮影のときでも、持ち運ぶときでも、手に快適にフィットするように、グリップの形状や指がかり性、ラバーの厚みと硬度などに配慮しました。

強さと軽さを兼ね備えたマグネシウム合金による高強度ボディー。
軽量でありながら高強度で、電磁シールド効果の高いマグネシウム合金を主要外装カバー(上・前・後ろ)に採用。本体構造は、アルミ製シャーシとエンジニアリングプラスチックスで軽量化を図っています。またミラーボックスは高強度のエンジニアリングプラスチックス製にすることで、本体と併せて高いボディー剛性を実現しました。

雨滴やホコリに強い、防塵・防滴構造。
ボディー上面、各種カバーの開閉部、操作ボタンまわりなどへのシーリング部品の組み込み。マグネシウム合金製外装カバーの高精度な段差合わせ構造、さらには高精度なダイヤル回転軸、グリップラバーの密着構造など(緑色部)を採用することで防塵・防滴性を向上させています。

総合的なセンサーダスト対策。
EOS Integrated Cleaning System。センサー部分に付着して写り込むダスト。その発生から除去までを、3段階の対策で総合的に防ぎます。

CF/SDデュアルカードスロット。
CFカード(TypeⅠ、UDMA Mode 7対応)とSDカード(SD/SDHC/SDXC、Eye-Fi対応)を2枚同時に使用できるデュアルカードスロット。記録方式は[標準][自動切り替え][同一書き込み]の3種類から選べます。
※Type II CFカードとマイクロドライブは使用できません。

耐久約15万回のシャッターユニット。
シャッターユニットは、ロータリーマグネット式の縦走りフォーカルプレーンシャッターを採用。約15万回のレリーズに耐える高耐久性を実現しています。
※キヤノン所定の基準にて行った作動試験の結果に基づく参考数値です。

画質・機能を大きく向上させたフルHD動画撮影機能 EOS MOVIE。
フルサイズCMOSセンサーの優れた描写力。高ISO感度による撮影シーンの広がり。そして、EFレンズ群の多彩な表現力。高度な技術の連携、新技術導入さらに本格的な映像表現を可能にしました。


ノイズを抑え高画質化。常用ISO感度100~12800による高感度撮影。
光量の少ない室内や夜間などのシーンでの、高感度撮影の画質が向上。DIGIC 5+の搭載により、低輝度でもノイズが少なく、クリアな動画撮影が行えます。

モアレと偽色を大幅に低減。
人工の建造物や布地の斜めストライプなど、規則的な横線パターンで発生しやすいモアレ。実際には存在しない色が再現されてしまう偽色。EOS 5D Mark IIIは動画撮影で起こりやすかったこの画質の問題に、新開発のフルサイズCMOSセンサーと全体的に改良した動画撮像システムで対応。モアレや偽色を大幅に低減した、高精度な映像表現を実現します。

「ALL-I」「IPB」を新設定。作業によって使い分けられる2つの圧縮形式。
ALL-Iは、1フレーム単位で圧縮するイントラフレーム方式。1フレーム単位でデコード、再エンコードを行うので、カット編集や映像の切り出しに適した高画質な圧縮方式です。またIPBは、フレームの前後を参照し、差分を検出する差分圧縮方式。高圧縮でファイル容量が軽く、長時間の録画が可能です。

編集作業を効率化するタイムコード設定。
カット編集に役立つ、タイムコードに対応しています。カウントアップは「レックラン」と「フリーラン」を設定。「レックラン」は、動画撮影中のみカウントを進め、1台のカメラで撮影した動画を編集ソフトのタイムライン上に並べるときに使用します。「フリーラン」は、設定スタート時間から常時カウントを進行。いつの撮影素材かを、すぐに確認できます。複数のカメラでの撮影時に、それぞれの時刻を同期させておけば、編集ソフトのタイムラインに撮影時刻順で並べられ、編集作業がスムーズです。

ファイル4GB制限の解除
ファイルサイズが4GBになると、新しいファイルを自動的に作成。1カットを複数のファイルに分割して保存できます。また、高画質ながらファイル容量が大きいALL-Iでも、ファイル容量への気遣いを軽減でき、安心です。
※最長記録時間は29分59秒です。
※カメラでは分割ファイルの連続再生はできません。

録音機能が大きく向上。サイレント設定も可能に。
ヘッドフォン端子の搭載によって、録音状態を確認しながらの動画撮影が可能に。撮影中でもクイック設定画面で録音レベルの確認・変更が行えます。サブ電子ダイヤルの内側に、タッチセンサーを搭載(4方向)し、ほぼ無音で操作できます。
■主な仕様■撮像素子
・有効画素数 :約2230万画素
・撮像素子サイズ :約36×24mm CMOSセンサー

■手ブレ補正機能 :レンズ内手ブレ補正機構(IS機構)※レンズに手ブレ補正機構を搭載している場合に有効

■記録媒体
・対応メディア(メモリーカード) :
CFカード(タイプI準拠、UDMAモード7対応)、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード
・無線通信機能 :Eye-Fiカード対応

■レンズマウント :キヤノンEFマウント

■露出制御
・測光方式 :
63分割TTL開放測光
・評価測光(すべてのAFフレームに対応)
・部分測光(中央部・ファインダー画面の約6.2%)
・スポット測光(中央部・ファインダー画面の約1.5%)
・中央部重点平均測光
・測光範囲 :EV 1~20(常温・EF50mm F1.4 USM使用・ISO100)
・露出制御方式 :
プログラムAE(シーンインテリジェントオート、プログラム)、シャッター優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出、バルブ
・ISO感度 :
シーンインテリジェントオート:ISO 100~12800自動設定 P、Tv、Av、M、B:ISOオート、ISO 100~25600任意設定(1/3、1段ステップ)、およびL(50)、H1(51200相当)、H2(102400相当)の感度拡張が可能

■シャッター
・シャッタースピード :
1/8000~1/60秒(シーンインテリジェントオートモード)、
ストロボ同調最高シャッター速度=1/200秒
※広角レンズ使用時は1/60秒より低速になることがある1/8000~30秒、バルブ(すべての撮影モードを合わせて)

■ドライブ
・連続撮影速度 :
高速連続撮影:最高約6コマ/秒
低速連続撮影:最高約3コマ/秒
静音連続撮影:最高約3コマ/秒

・連続撮影可能枚数 :
JPEGラージ/ファイン:約65枚(約16270枚)RAW:約13枚(約18枚) RAW+JPEGラージ/ファイン:約7枚(約7枚)※メーカー調べ

■液晶サイズ :TFT式カラー液晶モニター ワイド3.2型(3:2)/約104万ドット

■ストロボ
・外部ストロボ :EXシリーズスピードライト E?TTL II 自動調光

■ファインダー :ペンタプリズム使用、アイレベル式
視野率 上下/左右とも約100%(アイポイント約21mm時)
倍率 約0.71倍(50mmレンズ・∞・-1m-1)

■記録方式
・動画記録サイズとフレームレート :
1920×1080(Full HD):30p/25p/24p
1280×720(HD):60p/50p
640×480(SD):30p/25p
※30p:29.97fps、25p:25.00fps、24p:23.976fps、60p:59.94fps、50p:50.00fps
・データタイプ静止画 :
記録フォーマット DCF 2.0JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自)
・データタイプ動画 :MPEG-4 AVC/H.264 可変(平均)ビットレート方式

■インターフェイス :
アナログ映像(NTSC、PAL対応)/ステレオ音声出力 パソコン通信、ダイレクトプリント(Hi-Speed USB相当)ワイヤレス ファイルトランスミッター WFT-E7B、GPSレシーバーGP-E2接続
HDMIミニ出力端子 タイプC(解像度自動切り替え)、CEC対応
外部マイク入力端子 Φ3.5mmステレオミニジャック
ヘッドフォン端子 Φ3.5mmステレオミニジャック

■電源 :バッテリーパックLP-E6、1個
※ACアダプターキットACK-E6使用により、AC駆動可能
※バッテリーグリップBG-E11装着時、単3形電池使用可能
■撮影可能枚数(CIPA試験基準による) :ファインダー撮影:常温(23℃)約950枚/低温(0℃)約850枚

■重量 :約950g(CIPAガイドラインによる)/約860g(本体のみ)
■大きさ :約152.0(幅)×116.4(高さ)×76.4(奥行)mm

OnePrice



Canon EOS 5D Mark3

おすすめレンズ

コミュレビ®(全23件)

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ 新品

レビューを書く

ニコンよりキャノンが好き!  新品  

不適切なレビューの報告

migiwapapaさんのレビュー(2016/04/10 16:27 投稿)

D810を使用していましたが5DMarkⅢを購入して大満足しています。
以前はキャノンでしたがD800E→D810に浮気してしまい後悔していました。
どうもキャノンに慣れてしまい操作がわかりにくく使いにくかったです。
これからはキャノンを使い続けていきたいと思います。

このレビューはGoodレビューですか? はい (1人の方がGood!と評価しています) はい

ザッツ・オールマイティ!  中古  

不適切なレビューの報告

りょうちゃんさんのレビュー(2015/12/30 15:24 投稿)

多くのファンを魅了してやまないEOSシリーズの一眼レフ機群。
その中で、最も汎用性に優れたモデルが、この5D Mark3だと感じています。

2015年末現在、現行発売されているフルサイズEOSは、
不動のフラッグシップ「1Dx」、
約5060万画素の高画素機「5Ds」、
5Dsにローパスフィルターキャンセル機能のついた「5DsR」、
コンパクトなフルサイズ「6D」、
そして本機「5D Mark3」。

2015年、5Ds以外の機種を使用(借用も含む)した経験を踏まえ、
5D Mark3にはタイトルの通り、最も汎用性に優れた機能を有する
【オールマイティEOS】の冠がふさわしいと何度も実感しました。

私は料理、建築、人物(主に学校での販売やアルバム用/遺影など)、を主な被写体としています。
その中で、特に汎用性が求められる被写体は学校の人物撮影で、入学式・卒業式・遠足・教室内・運動会・証明写真・30人〜400人規模の集合写真と様々。そんな人物撮影には5D Mark3を使用する頻度が圧倒的に高いです。
以下に、他機種との比較も交えながら、レビューを書いてみたいと思います。

<モアレを気にせず撮影できる>
5Ds以外の使用したことのある上記カメラの中で、どうしても使いづらかったのが5DsR。これは先輩カメラマンが購入した機を、同じ現場の撮影で数日借りて使用しました。
ローパスフィルター効果キャンセルというのは、確かにヌケのよい描写をします。
一方で、証明写真や集合写真において、特にチェック柄の制服を着ている子どもたちの場合、あまりにモアレが目立ち、使用できない写真となってしまいました。(この時は自身の5D3を併用して撮影したので問題はありませんでしたが。)
教室内で子どもを撮影しても、カーテンや本棚など規則性のあるものがまわりにあると、モアレは発生します。
これはニコンのD810の場合もそのようで、まわりのニコンユーザーの学校カメラマンは、証明写真/集合写真にD810を使用しないという選択をする場合が多いように思います。先輩の1人はD810からD800に切り替えたほど、モアレの問題は大きなものでした。
いつか5DsRを自費で購入し、風景などを撮ってみたいですね。

<1Dxに勝る静音シャッターの効果>
1Dxは言わずもがなのフラッグシップ機。スポーツなどの動体撮影をする場合はAF精度・連射速度は大きな頼りとなりますね。
ただ、プロスポーツを撮っているわけではないので、個人的には約12コマ/秒というのは枚数が多く撮れ過ぎてしまうな感がいなめません。不要なカットが多くなってしまう。
ちょうどいいなと思うのは7Dの連射スピード(約8コマ/秒)。一般人のスポーツを撮るにあたって、あのスピードは最適だと今でも感じています。
あと1Dxは静音モードが5D3と比較すると静かではなく、舞台撮影・各種式典には使いたいと思えません。
私の用途には合わないので、数ヶ月で売却してしまいました。

<6Dもいいが、次第に用途が限られてきた>
6Dを使っていて、いいなと思うのはWiFi機能。コンピュータやスマホに即座にデータ転送できるのは、楽しみがひとつ増えた気がします。
操作系がいまひとつなのと、ファインダー視野率が100%でない点、AF測距点が11点と少ない、連射が最高約4.5コマ/秒とかなり遅い点をクリアできれば楽しいカメラです。
実際の現場では、6Dも静音シャッターが優秀なの舞台撮影などにも使用しますが、AFも中央一点以外は信頼しきれない感じがあります。
私はフォーカシングスクリーンをEg-Sに交換して、オールドレンズやカールツァイスなどのMFレンズを楽しむ専門機的な使い方をしていて、たまにコンパクトな40mmF2.8は付けることがあるくらいです。
AF機能と操作系のレスポンスのよさ、データ処理速度は5D3には逆立ちしても敵いません。
これは極私的なことですが、疲れてくると約1.3度ほどカメラが右下に傾いてしまう癖があり、その疲労時間帯にファインダー内水準器のある5D3では、水平垂直が気になる手持ちの集合写真などにも非常に有利に働きます。
またSDカード1枚の6Dは、今となってはやや不安感を抱かざるを得ないのも本音ではあります。

<超高画素機にはない高感度耐性>
近年の高感度耐性の飛躍的な向上により、ほぼ光のない鍾乳洞などの中でも人物撮影が可能になってきました。
2Lサイズ程度の販売写真であれば、その場の記録的な意味合いも含めて大切なので、私の場合は躊躇なくISO12800や16000を使用します。
ストロボ使用禁止の公共施設内で暗闇の中、ISO25600を選択し撮影したことがあるのですが、その写真が販売実績を上げた経験は、まさしく感動的なものでありました。
その点において、5Dsの感度帯(ISO 100~6400。拡張時L50、H12800相当)というものは、カタログで数値を確認する限り、私には少し物足りません。
高画素機で優れた描写を狙う場合、高感度に頼るのは相反する要素でもあるので、必要ない機能なのかもしれませんね。

いくつかの例を挙げましたが、料理や建築などの撮影はカメラ本体の性能もさることながら、レンズの特性が求められることが多いと感じています。
しかし、人物撮影は様々な環境で行われるため、カメラ本体の性能に大きく左右されるというのが持論です。
私が使用するカメラの中でどんな場面にでも人物撮影を含めた仕事(もちろんプライベートも)のパートナーとして選ぶことのできる5D Mark3は、唯一無二の貴重な存在です。

個人的に
・ 約8コマ/秒(7Dと同等レベル)
・ WiFi機能
が追加された後継機が出るのならまた楽しみが増えますが、
現状のままで困ったことは特にありません。
いつまでも使っていきたいカメラのひとつが、このユーティリティさを備えたEOS 5D Mark3であります。

このレビューはGoodレビューですか? はい (20人の方がGood!と評価しています) はい

カメラは良が届いた商品のネジが取れていた。。。  中古  

不適切なレビューの報告

カメラ好きさんのレビュー(2015/11/05 21:49 投稿)

まず、カメラに関しては安定感がありおすすめです。
下取りもしていただき満足していました。

しかし、楽しみにしていた商品が自宅に届き、
袋を開封してみると、カメラボディーに付いているネジが一つ半分以上
緩んでおり、締めることが出来ない状況でした。

内部の清掃と点検をして締め忘れたのでしょうか。
当方、次の日にどうしてもカメラを使わざる負えない
用件があり、仕方なくその状態で使うことにしました。

再度修理に出すのも、
撮影する用件が複数たてつづけにあるので困ります。

私にとってカメラはとても重要な財産です。
それだけに残念でした。

このレビューはGoodレビューですか? はい (6人の方がGood!と評価しています) はい

やっぱり良いカメラです!  新品  

不適切なレビューの報告

ささかまぼこさんのレビュー(2015/08/10 11:43 投稿)

高画素に憧れて5DsRも手にしましたが、改めて5DMarkIIIの良さに気づかされました。

5DsRはハマるともの凄い写真を出してくれますが、白トビしたり、手ブレが気になったり、なかなか使うのが難しいカメラだなと感じています。
その点5DMarkIIIは白トビやモアレを気にする事なく撮影でき、高感度も強い。ダイナミックレンジもこちらの方が上のように思えます。

私の場合、ここぞという時は5DsRで撮影!と思っているのですが、なんらかんで5DMarkIIIの出番が多いです。拡大したときの解像力は5DsRには敵いませんが、5DMarkIIIも2200万画素ありますからね。画素数が足りないと思った事は今までないです。

撮影会でも旅行でも家族写真でも、確実に気に入る写真を出してくれるので、改めて5DMarkIIIは良いカメラだなと感じています。

このレビューはGoodレビューですか? はい (10人の方がGood!と評価しています) はい

優秀な静音シャッター  新品  

不適切なレビューの報告

mikinecoさんのレビュー(2014/12/15 10:39 投稿)

5DⅢを使い始めて約半年になります。
数ある機能の中で「5DⅢにして良かった」と痛感する点は、シャッターの『静音撮影』モード。
レンジファインダーや小型ミラーレスに比べれば、レンズやボディーサイズが与える被写体への威圧感は如何ともし難いところですが、ミラーアップさせずに静かに通常撮影(ボタン全押し完結式)が出来るところが素晴らしい。
スナップでの速写に向いていることは直ぐに実感できましたし、遮音ケースが必要だった舞台や発表会などでの撮影もとても楽になりました。
このシャッター機能に関しては、ニコンも現行機種では似て非なるモードを搭載していますし、もともと静かな事で有名なペンタックスKシリーズも、この点については候補にしていました。
私の場合、光学ファインダー機で高い高感度耐性を持つというのが外せないスペックな為、やはり135判のイメージセンサーが必要で、かつその重いクイックリターンミラーをあれだけ静かに上げ下げ出来るという点で、結果として私の撮影スタイルに於いては5DⅢの選択が正解だったという事です。
もちろん通常のモードでのシャッター音は、撮影リズムを取りやすいという点で重要ですので、場面に合わせて選択できることが嬉しいです。
それまではニコンの一眼レフ(フラッグシップではない)をメインにしていたのですが、グリップのホールド感に馴染めず、いずれはキヤノンも使ってみたいと思っていました。
それまでの5DⅡで納得できなかった「一拍置くレリーズ感触」が5DⅢで大改善されたのを受けて、思い切ってマウント変更に踏み切りました。
両メーカーを使ってみて、動体追従性の癖やシャッターのキレ感、ダイヤルやスイッチ類の配置、スピードライトの使い勝手等々、一長一短があり、結局『キヤノン・ニコン、甲乙付けがたい』のだという事を知りましたが・・・。
文末ながら…
フリッカーレス機能は、欲しいなぁ。


このレビューはGoodレビューですか? はい (13人の方がGood!と評価しています) はい

Excellent successor for 5d mark ii  新品  

不適切なレビューの報告

tonnyfang1985さんのレビュー(2014/12/05 17:05 投稿)

Each successive Canon EOS 5D has been revolutionary in its own way, with exception, perhaps of the latest, the Mark III, which in appearance at least has been a much more evolutionary update. However, from the images produced and the additional advances made in speed, image processing and quality of the camera, it is by far the biggest upgrade to the 5D yet. While it hasn't seen the megapixel number jump as much as from the Mark I to the Mark II, it has seen nearly every feature and function updated and improved. The Canon EOS 5D Mark III, looking at the additional specifications, features and upgrades, is a completely refreshed camera, and if the 5D Mark II was one of the best Digital SLRs available, then the Mark III is also one of the best Digital SLRs currently available.

The only problem being faced by the 5D Mark III being the obvious Canon choice, is the recent introduction of the Canon EOS 6D (have a look at our 6D vs 5D Mark III comparison), available for much less than the 5D Mark III, and offering some of the best low-light performance of any Digital SLR yet. We've come a long way since the Canon EOS 5D was first introduced, and whether you're buying a new or second hand camera, the choices available are now more vast than ever before, making it even more affordable to enter into full frame photography, with great results possible.

このレビューはGoodレビューですか? はい (2人の方がGood!と評価しています) はい

夢にまで見たカメラ  新品  

不適切なレビューの報告

キューチャン2さんのレビュー(2014/11/23 22:24 投稿)

この度、2台目を購入しました。1台目は5DMarKIIです。2台目は5DMarKIIIです。とてもオートフオーカスが素晴らしいです。満足してます。以前も数々のコンテストに入選しました。又新しい写真展に挑戦いたします。本当に有り難うごいました。

このレビューはGoodレビューですか? はい (5人の方がGood!と評価しています) はい

初めてのフルサイズ  新品  

不適切なレビューの報告

Kaiさんのレビュー(2014/11/17 14:40 投稿)

初めてのフルサイズにニコンではなくキヤノンを選択しました。
当初、賛否はありましたが迷わず5Dmark3を購入して良かったと思っております。
一番の驚きは、高感度でしょうね。
初めてのフルサイズだけに、撮った後の出てくる絵には息をのんでしまうほど美しい絵が出て感動でした。
1DXと比較し、改めて5Dmark3の良さを実感しております。
連写こそないもの、7Dmark2より5Dmark3の方がミニ1Dxと言った所ではないでしょうか!
被写体への追従性やピン精度と言った所が、5Dmark3は安心して使用出来る所だと実感しております。
生後間もない赤ちゃんを撮影する際・子供行事での静かな場所での撮影の際には、高感度・清音モードが、非常に使えます。

唯一のオールラウンダー機とは、この5Dmark3との事だと思います。
マップカメラさんでの高額な買取があった為、旧機種から買い替えもスムーズに行えた所が良かったですね。

このレビューはGoodレビューですか? はい (10人の方がGood!と評価しています) はい

被写体にとっての  新品  

不適切なレビューの報告

ポートネイチャーさんのレビュー(2014/09/16 18:15 投稿)

人物撮影には最適。
という言葉の真意はどこにあるのか。

それが知りたくて人物撮影する機会に使ってみました。
基本的に「忠実」であることが好きな私にとって
派手めな発色はそこまで求めているものではありませんでした。
Canonのピクチャースタイルにある「ポートレイト」
実際に人物撮影の時に使ってみて、愛される理由がわかった気がします。

発色が派手だから好まれる、という訳ではない。
自分の記憶の中の色から一段さらに良い世界が見えた気がします。
ローパスレスや高画質化が進んでいく中、もしかしたら
Canonのカメラは随一のポジションをつかめるのではないでしょうか。
なんて言いながら解像だけを突き詰めたモデルも出してくれないかなんて
わがままな願い事。

結局真意は分からないままですが、撮りたい人があらわれた時
自分ならCanonで撮ってあげたくなりました。
唯一不満があるとしたら通常のファインダースクリーンでは
マニュアルフォーカスがやりにくい事。
特にF値の明るいシビアなピント合わせはライブビューで合わせてました。

このレビューはGoodレビューですか? はい (7人の方がGood!と評価しています) はい

使えば使うほど、信頼できますね。  新品  

不適切なレビューの報告

moonlight2014さんのレビュー(2014/08/25 20:56 投稿)

スペック的には、今や突出しているところはありませんが、見たままが撮影できる唯一のカメラです。AFの精度も安心感があります。そろそろ、次のモデルが気になる頃ですが、この安定感はまだまだ使い続けられるカメラだと思います。使えばつかうほど、信頼感が増していきます。
おすすめの1台です。

このレビューはGoodレビューですか? はい (7人の方がGood!と評価しています) はい

23レビュー中

1-10レビューを表示

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ を見ている人はこんな商品も見ています

GMT / KINGDOM NOTE / CROWN GEARS で話題の商品はこちら

前へ

次へ

PAGE TOP

カメラ 買取

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

当社が運営するWebサイトは、グローバルサイン社による厳しい発行基準審査を経ており暗号化通信をしておりますので、高度なセキュリティーで保護されています。

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ通販のマップカメラ。デジタルカメラや交換レンズの中古・新品販売、買取・下取を行うカメラ通販ショップ(ECサイト)です。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号