Select Language

祭 撮影特集

体に響く太鼓の音、掛け声と共に湧き上がる歓声、会場を包み込む熱気。今年も祭りの夏がやってくる!マップカメラでは日本文化“祭り”を徹底特集!撮影するためのノウハウやオススメ機材など、様々な祭りに合わせてご紹介いたします!第二弾は「七夕・神輿・山車」。

七夕・神輿・山車

7月の祭りといえば『七夕』を思い浮かべる方も多いことでしょう。もともと中国での行事が奈良時代に日本へ伝わり、日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれたと言われています。

七夕といえば7月7日に織姫と彦星が年に一度会える日というロマンティックな伝説。笹飾りや願いを書いた短冊を笹に結びつけるイベントですが、有名な『仙台 七夕まつり』をはじめ、8月上旬にイベントを行う地域も数多くありますので、1シーズンに2回楽しむことも可能です。

風になびく色とりどりの短冊や笹飾りを撮るには、やはり広角ズームレンズが一番。全体のスケールをダイナミックに切り取るだけでなく、遠近感を意識した構図にするとより臨場感のある写真になるはずです。また、商店街やアーケードに飾られている大型の吹き流しを真下から見上げるように撮るのも面白いです。

『七夕まつり』に持っていきたい広角ズームレンズ

対象商品の中古を探す


夏祭りといえば、夜遅くまで発電機の音と共に光り輝く裸電球を吊るした屋台が立ち並び、神輿や山車を鑑賞しながら「かき氷」や「りんご飴」「焼きそば」や「じゃがバター」など祭りならではの味を子供から大人まで和気藹々と夏の訪れを楽しむ光景が目に浮かびます。

さて、そんな夏祭りの代名詞「神輿」「山車」についてご紹介いたします。

日本では1000年以上の伝統的な歴史をもつ夏祭りが多く、夏の気候による「農作物への害虫・水害」「暑さや伝染病による健康被害」「風や水による事故」が怨霊や神様がもたらすものと信じられてきました。

地域により様々な言い伝えがありますが、神様やご先祖様を鎮めることでこの様な災害や病から身を守る。

秋の豊作を願い、健康で平和な生活を送るために行われたのが夏祭りの由来ともいわれています。

昼間からあかりの灯る山車をひき、装飾をまとった神輿を担ぐ。ここまでは手頃なキットレンズから標準・望遠・高倍率ズームまで様々な機材で対応できると思います。

本番はやはり夜の帳がおり、屋台のカラフルな看板や裸電球。山車や神輿の電灯が光り輝く時間帯から。

威勢のよい掛け声が心地よく響く頃が「絶好のシャッターチャンス!」

いざ高倍率ズームやキットレンズで撮影しようと試みても、ISO感度ばかりが上がり理想の写真が仕上がらない。そんな苦い経験はございませんでしょうか?

そんな時にお勧めしたいのが、「F値(絞り)」の明るいレンズです。

F値を明るく設定し、被写界深度を浅く。神輿や山車にピントを合わせて周囲をぼかすことができます。

感度をむやみに上げずレンズの明るさを活用することで キットレンズとは一味ちがう幻想的な光景が撮れることも!

また地域によってはとても狭い路地で山車を引くケースもあります。

この様な時は35mm換算 35mm/50mm相当のレンズでの撮影が難しく、超広角レンズや魚眼レンズなどを活用するとユニークな1枚が撮れます。

今年の夏は、いつもと一味違う機材で「祭り」に出かけてみませんか?

『神輿・山車』に持っていきたい明るい標準ズームレンズ

対象商品の中古を探す

『神輿・山車』に持っていきたい明るい広角/魚眼ズームレンズ

『神輿・山車』に持っていきたい明るい広角単焦点レンズ


万が一に備えるマップカメラ延長保証

PAGE TOP

カメラ 買取

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

当社が運営するWebサイトは、グローバルサイン社による厳しい発行基準審査を経ており暗号化通信をしておりますので、高度なセキュリティーで保護されています。


当社のWEB上の如何なる情報も無断転用を禁止します。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号