Select Language

ミラーレス機は“あの”一眼レフを超えたのか?
Canon・Nikon・Sony 3大メーカー頂上対決

3大メーカー頂上対決tit


α9の発表は衝撃的だった。これまで名実ともに最強と呼べる2大メーカーのフラッグシップ一眼レフ機に、最新のデジタルデバイスで武装したミラーレス機が真っ向勝負を挑んできたからだ。

今までジリジリと鍔迫り合いをしながら1コマ2コマと上げてきた連写枚数を、α9は最新技術のメモリー内蔵積層型フルサイズCMOSセンサー『Exmor RS』と高速処理エンジンBIONZ X+フロントエンドLSIを用いることで秒間20コマという未踏の超高速連写を実現。さらに驚くのはその連写をブラックアウト無しの完全無音で行えるのである。

そしてAFもスゴイ。ミラーレス機では常識となりつつある像面位相差AFをセンサー全体の93%をカバーすることにより、ほぼ画面全体で動体追従が可能になり、しかもその測距は693点もあるため被写体の細かな動きを点ではなく面で捉えるように追従する。

このようなスペックだけ見ればα9は2大メーカーのフラッグシップ一眼レフ機以上にも思えるが、紙に書かれた数字だけでは絶対にわからないのがカメラである。

そこでマップカメラは発売されたばかりの『Sony α9』と『Nikon D5』、『Canon EOS-1DX MarkII』という3台のフラッグシップ級カメラをフィールドへ持ち出し、実際の撮影でその実力を確かめてきた。



3大メーカー頂上対決tit

厳密な計測テストではないため、若干公表スペックと異なるが、それでも連写枚数はα9が圧倒的である。筆者はα9の撮影を担当し、編集する際に他の2機種の写真と見比べたのだが、明らかにα9だけ1秒間の刻み方が違うのだ。

これには私物のD5を持ち出した撮影担当のスタッフも「これほど違うとは…ショックだな」と言葉を漏らすほど。メカシャッターと電子シャッターの違い、一眼レフとミラーレスの機構的な違いなどの話は別に、35mm判フルサイズRAWでの高速連写枚数はα9の圧勝と言っていいだろう。



バッファ枚数について


今回被写体として選んだ約15分間のイルカショーで、α9の撮影枚数は約1500枚。撮影記録はRAW(圧縮)+JPEG(10M)で行った。連続して被写体を撮影するシーンが多かったのにもかかわらず、一度も“息切れ”を起こすことなく撮影することができたのには驚いた。



a9連写GIF


連続撮影した写真をGIFアニメーションで繋いでみた。枚数は141枚で、撮り始めに手前の噴水へピントが来ていた事に気づき、無意識にAFの仕切り直しをしていたのだが、α9のAFは迷うことなく一瞬で被写体を捉え直したのがわかる。



SONY_a9_AF/AE


a9撮影 捉えるまで超高速!
そして食らいつく!

迫力のあるイルカのジャンプは、ほんの1〜2秒の出来事である。しかも水面から突然飛び出してくるのだから、初めての場所でぶっつけ本番はかなり難しい撮影だった。しかしその状況で感じたのがα9のAFレスポンスの凄さ。ファインダー内に飛び込んできた被写体を一瞬で捕捉し緑色のAFポイントがパラパラと追従するのだ。しかもその動きは“常に被写体の動きを探している”動きで捕捉し続ける。メーカーの公表ではα9のAF/AEは秒間最大60回の演算を行っていると書いてあったが、それを今回は実体験することができた。仮に瞬間的にAFが他の被写体に引っ張られても、迷い続けてピンが抜けることはなく確実に戻ってくる。α9の追従性能は最高峰のカメラと断言できる。


Nikon_D5_AF/AE


欲しいところに
確実にピントがくる!

豊富なフォーカスポイントを如何に活かすか?これができなければ、宝の持ち腐れである。幸いD5には多点フォーカスポイントを上手に活用する7つのAFエリアモードがある。今回は動きの早い被写体向けの「3D-トラッキングモード」を選択した。被写体の動きに合わせてフォーカスポイントを自動的に切り換えてくれるので、私はただファインダーの中でイルカの姿を追い続ければいい。カメラが全てをサポートしてくれるので、なんのテクニックも必要としないのだ。ジャンプするイルカへカメラを向けシャッターボタン押すと一瞬でピントが合焦。上下左右、手前、奥、どの方向に移動しようとも、ファインダー内にいる限り常に捉え続けてくれる。またXQDカードでの連写は息切れ知らず。心地よい高速連写のシャッター音は写真を撮る高揚感を高めてくれた。素直に撮るのが楽しいと感じさせてくれるカメラである。
Nikon_D5撮影


Canon_1DXmk2_AF/AE


Canon_1DXmk2撮影 さらに深い設定が可能なAFカスタマイズ!
スペックシートに書いてあるAFポイントなどの数値だけ見ればEOS-1DX MarkIIは他の2機種に比べ部が悪く思えが、そこは世界中のプロスポーツカメラマンが使用しているカメラだけあって、確実に被写体を捉えて追うことができる。EOS-1DX MarkIIの一番の強みは何と言っても被写体とシーンに合わせて細かくAFのアルゴリズムをカスタマイズできることだろう。そのままでも高精度なAF/AEではあるが、撮影の環境と被写体の動きに合わせて最適にAFを設定できるのだ。今や他の機種でもAFカスタマイズができるようになってきているが、そこは第一線で活躍してきたEOSの経験に軍配が上がるだろう。


高感度_a9

私の感覚だとISO:25600なんてオマケで付いている設定値くらいにしか考えていなかったのだが、α9で撮影した画を見て正直驚いた。ここまでキレイだと「本当に25600なの!?」と疑いたくなる画質である。ディスプレイ上で拡大すれば高感度なりの粗は探せるが、鑑賞サイズでこの色調と繊細なディティール表現なら実用で使える感度といっていいだろう。



高感度_D5

常用でISO 102400、拡張でISO 3280000とスペックだけみると他2機種より一歩リードしているD5。どこまで実用するかはさておき、暗闇でも撮れるハイスペックに驚く。遠景写真だけにノイズが目立ちやすく、写真比較では不利に見えるが、建物の明かりが夜空に溶け込んでいくグラデーションなどの色再現はさすがである。



高感度_1DXmk2

高感度の強さはさすがEOS。低輝度の状況でもカラーノイズの発生が抑えられており、被写体であるピラニアの立体感が伝わってくる写りである。全体的な画のクリアさはα9に譲るものの、いざという時には使える感度だろう。



まとめ

世界中のカメラマンから絶大な支持を受ける『Nikon D5』、『Canon EOS-1DX MarkII』。報道カメラが一眼レフの時代へと移行した時からこの2大メーカーのフラッグシップ機は頂点に君臨し続け、歴史的瞬間を写真に残してきた。そしてデジタルの時代になってもフラッグシップ機はそうあるべきだと互いに進化し続けている。


しかし2017年、そのカメラの歴史に新たなページが付け加えられるかもしれない。『Sony α9』はフィルム機時代から引き継いだレフレックスミラーやペンタプリズムを持たない、新時代の基準で作られたカメラだ。だからこそ既成概念に捉われない技術革新ができたのだと思う。今回の撮影ではAF/AEは互角の勝負。高感度はさすが最新のセンサーと高速処理を得意とした『Sony α9』が一枚上手だ。もちろん連写とAF/AEの性能だけがフラッグシップ機の全てではないが、その点だけ言えば確実に『Sony α9』はこの2機種に食い込める実力のある機種である。



撮影者まとめ

今回は対フラッグシップ機をテーマに『Sony α9』を使用してみたが、AF/AE、連写性能に関しては文句の付けようがないくらい凄まじいものだった。驚くほどクリアに見えるEVFで被写体を追いながら、ブラックアウトフリーの無音シャッターを高速で切り続けられる本機を使用していると、今までのカメラが全て過去になったような錯覚を感じる。


とはいえ、カメラは道具である以上、使いやすくなくてならない。正直、今までのα7シリーズに関しては操作系に不満を感じる点が多々あったのだが、α9ではボタン類の配置や形状など大幅に見直され、非常に使いやすく進化した。個人的な操作系の評価ではあるが、α7系が80点、α7II系が90点なら、α9は100点と言っていい仕上がりだと言えるだろう。これなら他メーカーの機種からの乗り換えでも直感的な操作が可能なはずだ。


そして、バッテリー容量が大きく増えたのが大変ありがたい。α7、α7II系で一日撮影しようと思ったら予備バッテリーを2,3個持たないと不安だったが、α9では新しいバッテリーを採用したことで従来の約2.2倍の大容量にUP。実際に半日で約5000枚の動体撮影を行った後でも、残り40%もバッテリーが残っていたのには感心してしまった。これならバッテリー残量を気にしながら撮影しなくてもいいので、精神衛生的にとても楽になった。


そんなベタ褒めのα9だが、プロユース、特にCanon、Nikonのフラッグシップ機を使用している報道カメラマンの用途では、まだまだ未知数のところが多いのも事実だろう。撮影機能に関しては全く問題なく、むしろ機材の大きさや無音の高速連写などメリットが大きいと思うが、一番の課題はレンズラインナップだと感じる。


純正以外も含め、選べるレンズの種類が豊富になってきたEマウントレンズではあるが、どれもα7系のサイズをスポイルしない大きさ・長さ(焦点距離)の物ばかり。一般的に大三元と呼ばれるF2.8ズームレンズは『FE 16-35mm F2.8 GM』が登場することで完成するが、やはり報道系には明るい超望遠域のレンズが必要不可欠である。アダプターを使用すればAマウントレンズも使用も可能ではあるが、FE用としてぜひ新設計して欲しいものだ。


そして、この手のカメラで重要なのが堅牢性だろう。他の機材と一緒にガチャガチャと持ち運び、壁で擦れても、柱にぶつけても、炎天下でも、極寒の地でも、ちょっとやそっとじゃ壊れない本当のタフさが必要になる。もちろんメーカーとしてはそこまでハードな使用を想定していないかもしれないが、他の機種と比べてもあらゆる点で優位性能の高いカメラなだけに「高性能カメラ」だけに収まって欲しくないと思う。言い過ぎかもしれないが、α9はこれからのカメラの指標を大きく変える可能性を秘めた機種だと感じたからだ。


あとは2020年、東京でCanon、Nikonと並んでSonyのロゴがどれだけ並んでいるのか。きっとメーカーもそこを視野に入れてα9を開発したのだろうと思う。今後、このα9の衝撃波がカメラ業界にどのような影響を及ぼすのか、非常に楽しみだ。



『SONY α9』ショッピングはこちら

Kasyapa

α9深掘りブログ


PAGE TOP

カメラ 買取

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

当社が運営するWebサイトは、グローバルサイン社による厳しい発行基準審査を経ており暗号化通信をしておりますので、高度なセキュリティーで保護されています。


当社のWEB上の如何なる情報も無断転用を禁止します。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号