Select Language

祭 撮影特集

体に響く太鼓の音、掛け声と共に湧き上がる歓声、会場を包み込む熱気。今年も祭りの夏がやってくる!マップカメラでは日本文化“祭り”を徹底特集!撮影するためのノウハウやオススメ機材など、様々な祭りに合わせてご紹介いたします!第三弾は「夜祭・花火大会」。

花火大会・夜祭

花火大会

夏の風物詩のひとつでもある花火大会。この季節、夜空を彩る花火が数千・数万発打ち上げられる花火大会が各地で催されます。

さて、この打ち上げ花火の撮影、被写体が明るい花火なのでブレ防止のためにも三脚とレリーズケーブルが必要となります。
レンズは特別明るくなくても問題ありませんが、花火の種類によって大きさや位置が変わるので広角から100mm前後のズームレンズを用意した方が良いでしょう。

カメラの設定ですが、モードはマニュアル、感度はISO100で固定、絞りはF11~13位を目安に設定をして調整していく感じでしょうか。
夜の撮影は手元が暗いので、設定はある程度事前に行っておいた方があわてずに済みます。

ピントは実際の花火で合わせる形になりますが、マニュアルではなかなか合わせられない場合は、一度オートフォーカスにしておおよそのピント位置を合わせ、そこから微調整するのもありです。

何回か撮っていると、全体的な色合いが赤や黄色に偏る場合は、ホワイトバランスの調整も考慮に入れてみましょう。
基本オートでも大丈夫ですが、花火や周囲の色合いによっては、ホワイトバランスを調整し、目で見たものに近い色合いにすることも可能です。

実際の撮影はシャッタースピードをBULBにして、花火が上がり始めた時から消えるまでを基準とし、明るさや花火の規模によってシャッターを開けておく時間を調整します。

構図もいろいろ変えて行きたいところです。
1発の大輪を撮るのも良いですが、複数を同時に撮ったり、あえて寄って画面いっぱいにしてみたり、逆に引き気味に周りの風景と合わせたりといろいろ楽しむ事ができます。
そのためにも大会のプログラムを事前に手に入れて上がる順番を確認し、花火の種類を調べてから撮影に挑んでみてはいかがでしょう。

『花火大会』に持っていきたいズームレンズ

対象商品の中古を探す


夜祭

夜祭の魅力は?
梅雨が明ける頃、様々な地域で夜祭が開催。一言で夜祭と言っても様々な種類があります。

『納涼祭り』『御霊まつり』『盆踊り』など全国的なものから地元で開催されるような、子供から大人、また家族で楽しむ夜祭まで楽しみ方は色々!

前回ご紹介した神輿や山車のお祭りと大きく異なるのは、「家族やお子様と自らお祭りに参加すること」が多くなります。
大型機材を持ち出すのも良いですが、小さくてもご家族や自撮りが綺麗に撮影できるものを好まれる方が多いようです。

混み合う夜祭では、屋台で食べ物を購入される方も多く、 片手でも簡単に操作ができて、明るいレンズを搭載した軽量モデルが人気です。
このようなシチュエーションはお子様が大きくなった時も記憶に残っているもので、その時に「あの時の写真だね」そんな将来のための一コマを今から撮影してみてはいかがでしょうか。

暗い夜祭でも綺麗に家族を撮影したい方にオススメ

対象商品の中古を探す

動画を手軽に楽しみたい方にオススメ

対象商品の中古を探す


万が一に備えるマップカメラ延長保証

PAGE TOP

カメラ 買取

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

当社が運営するWebサイトは、グローバルサイン社による厳しい発行基準審査を経ており暗号化通信をしておりますので、高度なセキュリティーで保護されています。


当社のWEB上の如何なる情報も無断転用を禁止します。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号